効率的な組織のデータ活用で人々がより
多くを成し遂げるパワーを

WOhanceは、Work「業務」とEnhance「質・価値・能力の向上、改善」の2文字から組み合わさり、「毎日の業務の質を上げることが個人の能力を向上させ、組織全体の価値となる」と信じています。より多様で、重要度の増す個に求められる力を最大限に発揮できる環境を組織が築けるようWOhanceが全力でサポートします。

直面する課題
今、変革が求められる組織のあり方

テレワークの普及をきっかけに、日本の雇用体制は、仕事に対して人材を割り当て、個人の成果で評価するジョブ型雇用に急速に変化しています。

しかし、慣れ親しんだ伝統的雇用体制をいきなり変えることは容易ではありません。多様な専門性高い人材を獲得するために、柔軟に働ける組織体制の構築が求められ、また従業員のアウトプットを正しく評価するための明確な判断要素が必要となります。

実現する組織のあり方
個人は力を付け、管理者は正しく管理

私たちがWOhanceで作り上げるのは、組織が育てるのではなく、自ら学び成長していく環境です。毎日の業務の一つ一つが貴重な成長のためのデータとなり、全体の業務改善へとつながります。従業員が安心して業務を行えるよう、WOhanceがどこにいても組織と一体感を持って働けるバーチャルオフィスとなり、生産性をリアルタイムで可視化することで正しい成果の判断をサポートします。

  • タスク効率から自己分析と継続的な改善の促進
  • 相談とフィードバックを重視した対話型マネジメント
  • 進捗状況の把握
  • 業務計測で生産性の数値化

ベータ版公開中

正式版リリース時にいち早くお知らせします。

無料試用を開始